黒い!本当に真っ黒でハイパワー  ゆ~シティー蒲田

個人的な感想で最初に申し上げるとここはその日によって当たり外れが激しいです。
衝撃的な作り露天風呂にある黒湯ですが、真っ黒黒スケでコーヒーそのもの茶褐色で循環。
ハズレの時に行くと塩素臭が強く、重油ぽい匂いというかお湯そのもののパワーが落ちています。

しかし、私が最初に行った時にパワーたるや物凄く、当時痛めていた腰が相当楽になったことから通い出しました。
体を温める力が強く、体の芯まで温まります。
下線文めり感があり、肌はツルツル、翌朝起きて顔を洗う時にも実感できるほどのパワーです。

場所はNHKの朝ドラマ「梅ちゃん先生」の舞台、JR京浜東北線の蒲田から歩いて約5分ほど
蒲田東口を出て左に行くと東京三菱UFJ銀行があるので、これを通って呑川を渡りセブンイレブンをさらに超えていくと見えてきます。
車で行く時は1階が駐車場になってますし、100円パーキングもこのあたり多いので困らないと思います。

蒲田 ゆ~シティー蒲田

周辺は飲み屋街、商店街で建物はマンションの一角という感じなのですが、外の看板にある天然温泉は京浜東北線車内からでも見ることが出来き、私は電車に乗っている時に見つけて気になって行ってみました。
行ってもなかなか見つけ出すことが難しいかもしれないほどで1階にあるコインランドリーは見逃さないで。

販売機で450円の入浴券を購入して脱衣場に行くのですが、ロッカーが小さいのでカバンとかお持ちの方はフロントに預けた方がよいでしょう。
別料金でサウナ、バイブラ風呂、水風呂等がありなかなか充実しています。
2階にはホールというか休憩室があって食事も出来ます。

で、露天風呂ですがなんというか非常に開放感が無い露天風呂。
空とか見えませんし、雨が降ってきてもまあほとんど濡れないこれを露天と呼んでいいのか疑問なところが・・
線質の方ですが、前述の通りオープン直後に行くと真っ黒でぬめり感いっぱいで非常にパワーがあります。
自然治癒力が高まる効果、体にエネルギーが溜まるというのを私は感じます


私などは水風呂とセットで何回か入ると体の毒素が抜け非常にいい感じに。
体が温まりますので、冬とか特にいいですね。
肌がツルツルになるので、温泉効果を感じ取りやすいと思います。

この周辺の銭湯は月曜日休みの所が非常に多いのですが、ここは火曜日休みで重宝します。
月曜どうしても温泉は入りたいと思うことがあるんですよね。
京浜東北線沿線・東急目黒線・多摩線に住んでいて、駅に近く体が温まりたい時にゆ~シティー蒲田さんはいいです。
蒲田には温泉銭湯がいくつかあるのですが、駅に最も近く行きやすいのもポイントですね。

さて、塩分が抜けたあとの体にはラーメンと言うことで蒲田にはけっこういいお店いっぱいあり迷います。
ですが、ゆ~シティー蒲田の帰り道にあるラーメン大蒲田店へ。
川崎周辺では二郎系らしいラーメンで「ヤサイマシマシは無理すんな」という先人の教えもあり、野菜はマシ、味濃い目で・・・
うん、塩分が抜けた体にしてみて旨いです。温泉に入って汗をかき絞った体には二郎系は最高ですね(^^)




===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================
スポンサーサイト

成城近くの世田谷の温泉銭湯 そしがや温泉21


都心の温泉銭湯は海沿いの京浜地区が多いのですが、今日は私も行く頻度が高い世田谷・祖師ヶ谷大蔵のそしがや温泉21さんを紹介します。

場所は小田急線・祖師ヶ谷大蔵から歩いて10分ほどの所にあります。
祖師ヶ谷大蔵駅に着くと柱広告などの歴代のウルトラマンが迎えてくれます。
外にはウルトラマンの像まで鎮座。思わず手をクロスしてシュワッチとやりたくなりますね。

祖師ヶ谷大蔵のウルトラマン

さて、ウルトラマンってこんなにいるのかぁゼアスまでカウントされてるよと吃驚しながら、改札出て右のウルトラマン商店街へ。
しばらく歩いてスーパーのオオゼキなどを通り過ぎしばらく行くと看板が見えてくるので左へ。
すると駐車場・コインランドリー・そしがや21の看板が見えてきます。

基本元旦のみ休業であとはずっと営業しており、午後2時~午前2時と夜遅くまでやってます。
車は施設の駐車場入れれば1時間まで無料ですが、世田谷の一通地獄の本丸ようなエリアなので慣れていない人にはお勧めしません。まずは電車もしくはバスで行くことをお勧めします。
渋谷からが出ているので(渋谷23系統の東急バス)祖師ヶ谷大蔵行きの沿線にお住まいの方バスが最適でしょう。


祖師ヶ谷大蔵 そしがや21


基本地元民でいっぱいですが、土日の混み具合はどう考えても遠征組がかなりいるようです。
施設は黒湯の温泉、ミストサウナ、冷凍サウナ、水風呂、サウナ、ミニプールがあります。
料金は450円で発券所で買いフロントに渡しますが、ここにてご利用カード持っているかと聞かれます。
持ってなければ作ってもらいましょう。
行くたびに1回スタンプを押してもらえますが、10回貯まると1回無料になるサービスです。
何気ないサービスですが嬉しいですね、リピーターにとっては。

脱衣場で服を脱ぎ浴室へ。
ここは石鹸とシャンプーは施設内に付いていて無料で使用することが出来ます。
奥にはガラス張りの大きなテレビがあり、風呂に入りながらテレビを見ることが出来ます。
大相撲中検など見ている年配の方が多いですね。

温泉はお馴染みの黒湯。施設内の効能説明では「。脂肪を軟化させる性質があるため、皮脂表面に溜まった脂肪を自然に洗い流して肌をツルツルにする美肌効果があります」とあります。
それほどニオイもきつくなく、ぬるっとした感じもなく温度もそれほど熱くありませんのでゆっくり浸かって楽しむことが出来ます。

線質的には個人的な感想であることをお断りして述べるとそれほど温泉のパワーは強くないですが、十分に癒しのチカラはあると思います。肌もツルツルになりますし。
ただ湯治というほどのパワーは感じません。

ここは水風呂の他に冷凍サウナというのがあり、温度0度のまあ一言で言うと冷凍庫のような物があること、サウナとセットで別料金にはなりますがミニプールがあることが特長でしょうか。
ちなみに露天風呂は残念ながらありません。

基本銭湯は月曜日休みの所が多く、月曜に温泉に浸かりたいと思った時困るのですが、ここそしがや21でしたら月曜も営業していますし、夜2時まで営業していることもポイント高いです。
車やバイクで行くのなら営業時間気にしなくていいですし。

休憩室もあり、雑誌も置いてあるので、風呂に入ったあと雑誌を読んでいる人も多いです。
営業時間や曜日を気にすることなく世田谷の成城近く、450円で温泉を楽しめることが、そしがや温泉21さんの大きなポイントだと思います。

さて、温泉から出たあとのお楽しみのラーメンですが、経堂の名店・稲荷がここ祖師ヶ谷大蔵に移転したので、行ってみて「アレ?ナニカカガニガウ・・」という感じになっていました。
経堂の時には美味しいなぁとおもったのですが・・・・

で、バスに乗って農大一高前で降りてインスパイアー系の陸へ。
うん、旨いです。らーめん650円でこのパフォーマンス!ぶたがいいですねここは(・∀・)。




===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================




おそらく東京でNO1の温泉銭湯 清水湯その2


東京にはいくつか素晴らしい温泉銭湯が存在します。
しかし、源泉を2つ持っていてしかも値段が450円という所を私は知りません
しかも、2つの源泉にそれぞれ露天風呂があり、ここに大いなる価値があります。

源泉は東京の温泉ではお馴染みの黒湯、それと東京では珍しい黄金色したお湯です。
なめてみると黒湯は特に味がしませんが、黄金色の泉質はなめてみるとちょっぱい。
この黄金色の鉄分が強い源泉ですが、山の上とか位しか見たことなく、東京のど真ん中にあるというが貴重です。

風呂に入ると内湯が黒、水風呂がありこれも黒、あと別料金になりますがサウナがあります。
黒湯はぬるっとした感覚、顔をこの黒湯つけると肌がしっとりんほんわかツルツルに。
もう、感覚として誰でも判ります。

武蔵小山露天1

この黒湯にジェットバスというか、強弱の2つかあってそれぞれ入っている人は腰にそれを当てたりとかしてますね。
強いのは本当に強力で子供とか流されそう。で、実際やってみるととても気持ちがいい。
内湯の1番奥は電気風呂になっていて、そこにいくと筋肉が震えビリビリします。
このようにただ黒湯なだけでなく、ジェットバス、電気風呂、水風呂、サウナと施設が充実しているのが大きな魅力。

この黒湯にはパワーがあり、この温泉につかった日は体にパワーが詰まったような感じなると翌朝顔を洗うとツルツルというかすべすべしておるので温泉効果があるのが如実にわかります。
ここ黒湯は内に溜まるエネルギーが増えるも増えるのですが、肌がすべすべになる効果が高いです。
肩こり、腰が悪い方とか血行が良くなり目に見えて効果があるのでオススメです( ̄ー ̄)b

デスクワークで1日中パソコンの目に座ってる方とか特にオススメですね。
暑い黒湯、冷たい水風呂を何回かローテンション繰り返すと、明らかに体から毒素が出たような軽くなる感覚を覚えのと、一瞬ですが血行が良くなるせいか視力がよくなるというかよく見えるようになるのが不思議。

で、外には露天風呂があります。これがまたいい。
この施設は綺麗でいいのですが、そとの露天には竹とか植えてあり、、夜行くとライトアップされていたりして綺麗でいい感じでとても視覚的にも癒されます。
黄金色の温泉の泉質は体暖まります。冬に行くとそれをありありと感じる。
しかもこの黄金風呂はなんとも贅沢な掛け流し。循環ではありません(゚∀゚)
この黄金風呂に入って、水風呂につかると体は冷えるのですが体の芯は暖まっている感覚なのです。


武蔵小山露天2


この黄金風呂は人気で時間帯によってはなかなか入れないこともありますが、その時には併設されているベンチとか
休んでいれば空きます。
オススメのローテーションは10分黄金風呂、その後15分ベンチで休んで温泉成分を体に取り入れ、黒湯へ10分その後水風呂に10分のローテーションです。
風呂から出たあとドライヤーが3つあるんですが、無料です。小銭用意しなくていいので何気にここもポイント高し。

人にもよると思うのですが、入る前と入ったあとでは体重が1キロ前後変わるので体内から1キロ分の水分が汗として出たということ。
私は体から毒素がそれだけ出たということ解釈しており風呂から出ると体が軽くなるのと、そのあと食事をすると美味しく頂けます。もちろんビールはバカウマですが酔いも早いのでご注意を。

風呂から上がったあとは非常にながーい商店街である屋根付きの武蔵小山商店街を散歩することをオススメ。
私は体に悪いと思いつつも武蔵小山商店街にある三ツ矢製麺堂せい家リンガーハットでちゃんぽん食べてその日を〆ると言うのが習慣になってます。
体から塩分、水分が抜けたあとに食べるラーメンはほんとうに旨いんです。やめらまへんな(´・ω・`)。

とにかく体の新陳代謝を高めること、汗をかくことが健康にいいことや、これを定期的に繰り返していると気分転換できて精神的にもスッキリするので健康維持効果は非常に高い。
実際私は風邪をまったく引かなくなりました。

南北線・目黒線沿線の武蔵小山にあり夜も24時までやっているので仕事帰りに十分行くことが出来ます。
東京でもこれほど満足できる温泉施設が450円で利用できるのはほんとうに感動モノです。
ちなみに清水湯さんは月曜日休みです。





===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================

おそらく東京でNO1の温泉銭湯 清水湯その1


さて、都内で最強の温泉銭湯はどこ?と言われたらおそらく泉質、ローケーション、コストパフォーマンスでここが最強とも思われる所を紹介します。
東急目黒線・武蔵小山温泉・清水湯さんでしょう。

もうここはヤバイです。ガチでヤバイです。
目黒からたった二駅の都会のど真ん中にあり、露天風呂掛け流しの温泉を持ち、しかも種類の違う源泉が二つある銭湯です。サウナ、水風呂はもちろん女性専用の岩盤浴もあったりします。
2階は休憩所があって仮眠も出来ます。もう、いたせりつくせりで完璧とも言えるこの仕様、最強とも言える所以です。

武蔵小山 清水湯


「でも、お高いんでしょう?」イヤイヤ、なんと450円です。
都会のど真ん中、露天風呂掛け流し、源泉二つ持ち、無料の駐車場有り全部で450円の値段です。
あと髪を乾かすドライヤーも無料というのも何気にポイントが高いです。

なんというか自分も「電車に乗って世田谷から通っている」くらいお気に入りで、仕事が帰りに温泉に入り帰りは武蔵小山駅からバスに乗れば家まで210円まで家に帰れるモンだから最高です。


正直箱根の泉質の悪さ、管理の悪さ、値段の高さに辟易としていた私は都内で何かないかと探し回った結果見つけた銭湯です。
今から4年前、横浜で勤務していた私は帰りに二子玉川の新寿湯いう温泉銭湯に仕事帰りに通っていました。

冬場になるといつも喉を痛め、風邪を引いていた私はこの新寿湯に1週間に2回ほど通うようになって風邪を引かなくなったこと、新陳代謝がよくなったのか腰が悪かったのがほぼ完治したことなどから非常にお気に入りでした。
この銭湯に行ったあと近くの濃麻呂というとんこつラーメンを食べるのが何よりも楽しみでした。





この時温泉には自然治癒力を高める力と泉質そのものが持つエネルギー(これは個人が持つ感覚なのですが)を体に補充すると病気をしないと言うことに気づきました。
しかし2008年に週2回通っていた新寿湯が廃業となってしまい本当に困ってしまったんです。
東急東横沿線かその支線にある温泉銭湯を探すといくつかあり、その中で見つけたのがこの清水湯さん。

私が通い始めた頃はちょうど改装があり、2つめの源泉を掘り当てた頃でした。
武蔵小山駅を降りて出入り口地上でたあと左へ、ローソンが目印でそのまま道なりに歩くと道にぶつかるので左へ。
目印は大勝軒があるのでこの建物を目印に左へライフストアを目指して歩きスギ薬局の隣が清水湯です。
http://www.shimizuyu.com/

なんというか建物の雰囲気からしていいです。とても目黒にあるとは思えない。
天然温泉という大きなのぼりと駐車場があるのがいいですね。
定休日は月曜日で営業時間は12:00~24:00で、非常に綺麗です。

入り口で靴を入れ(あとで戻ってきますが100円かかります)自動販売機で入浴券(450円)を買って入ります。
ロッカーでもあとで帰ってきますが100円必要です。
さて、ここのハイライトの温泉内湯は黒湯、露天は黄金色というなんとも贅沢な源泉2つ持ちの温泉が見えてきます。
サウナ、水風呂(水風呂は黒湯)、露天風呂(黒湯と黄金湯の2つ)、あと寝っ転がる用のベンチも3つあります。

これがないからマイナスのようなポイントがないほぼ都内にある温泉としては全盛期のヒョードル並に完璧なんですよね。
で、温泉で重要な泉質なんですがこれまたサイコーといった施設なんです。
その2では泉質のことについて語りたいと思います。





===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================



大油田? 首都圏の温泉はなぜ黒湯なのか?


ガイドとか見ると東京市街部だけで温泉が60カ所、川崎・横浜など神奈川エリアを加えると、温泉総数はなんと100件以上あるそうです。
また、平地の埼玉県の所沢あたりでも掘れば温泉が出ていてスーパー銭湯が何カ所かあります。
関東はどうやら掘れば温泉に当たるようです。

で、東京近郊の温泉はほとんどコーヒー色の黒いお湯になっています。
温泉地の温泉は無色透明か白といものだと思っている方だと初めて黒湯を見ると「えっ、なんで温泉が黒いの?」とびっくりすると思います。

私もそうでしたが、実際入ってみると温泉としての効能は変わりません。
肌がツルツルになるというかしっとりしたりするので温泉成分が効いているのだと判ります。

その黒湯は温泉水中に含まれる褐色の有機物が原因と説明されています。
土壌中に埋没した海草など植物がバクテリアなどの地中生物の餌となって分解され、有機物になりそれが黒湯の原因は「腐植質」とよばれる物質だと・・
温泉の成分は昔の植物が分解されたモンだよとのことですが、これって重油というか石油と同じなんじゃない?と思いません?


我々は「日本は資源のない国だから」なあ~んて聞かされて育ってきたと思うのですが、最近はメタンハイドレードとか言ってチラチラ表に出るようになってきましたが、それは大嘘で真実は日本近海は資源だらけのようなんですね。
( ゚Д゚)ハァ?と思いましたか?

こっからは与太話と聞いて欲しいんですが、東京湾・東京の羽田空港沖あたりに相当な埋蔵量がある大油田があることはもう公然とした秘密なんだそうです。

品川、蒲田、川崎、鶴見くらいの京浜エリアは江戸時代には海だったワケで埋め立てで出来た物。
蒲田の温泉銭湯行ってもらえば判るんですが、黒湯がもう真っ黒クロ助というくらい黒い。
あのあたり深く掘り進んでいくとどうやら日本全体をまかなえるほどの石油が出ちゃうようなんですね。

オイラは不動産関連の仕事していた時にある人から聞いたのですが、蒲田あたりの銭湯が黒湯が出るのはあの周辺に油田がある証拠。

ただ、誰も住んでいない砂漠の油田と違って何千万人も住んでいる所の目の前で油田を掘ることの安全性や羽田空港沖で石油掘るとなると空港が使用不能になるとか、近未来に大地震があるからからとか掘ると地盤沈下起こしたりするやなんやらでやらないんだとか・・・


掘るコストが高いから採掘しないとも説明されているようですが、技術は進化していてそれも正確ではないとのこと。
要はエネルギー政策として中東で石油が取れる間はそこから輸入する、本格的に石油が枯渇し始めたり、何らかの事情で石油が取れなくなったら日本近海の掘削に着手する、またジャイアニズムに富む某国が日本がエルギーを自給できることを許そうとしないとかいろいろ理由があるそうです(石油買ってくれなくなると誰が困る?というワケですね)

そう思うとあの図体がでかいがエネルギー効率の悪い「赤い国」が色々と「そこは俺の物アル」とか日本にちょっかい出してくるようになったのは「日本が資源大国」であることがバレちゃったから。
でも、それはそれまでせっかく「眠っていた」子を起こすような物であるということがあの人達にはワカラナーイ。

日本人は個人プレーは許さず、皆と協力して強大な敵を倒すと言うことを「日曜の朝」から戦隊物やプリキュアなどを通して、男子も女子も価値観が形成される前の幼児の頃より自己犠牲による「一致団結」をすり込んでいる国なんですけどねぇ。

神風アタックの精神はまだまだ生きていますよ。形を変えて・・・

スンマセン、話が脱線してしまいました。
まあ、そんなこんなの話は別にしてようは東京の温泉というのはかのようにありがたいものであると。
そんな貴重なものが身近にあるんだったら利用しなくちゃね( ̄ー ̄)b





===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================

東京都は実は温泉だらけなんです!


皆様日頃おつとめご苦労様です。
ところで、「ああ、疲れた温泉にでも行きたいなぁ」とか「仕事帰りに温泉にいけたらなぁ」とか
思ったことはありませんか?

私は温泉大好きです。
小田沿線に住んでいるので、よく箱根や熱海に行ったりしているのですが、まあそれにしたって箱根まで
行くのにロマンスカーに乗っても新宿から約2時間かかるわけです。

温泉につかりたいなぁと思っても入れるのは2時間後で、交通費もロマンスカー往復で4000円超、温泉施設に
入る入館料が1000円くらいとして合計5000円これに食事をすると6000円超えてしまう・・・

なかなか往復4時間の移動時間と6000円となると気軽に日帰り温泉に行くというわけにはいきませんよね。
疲れを癒す為に行くと言うよりはこれでは「疲れが増加している」していまいます。
なので、日帰りだとゆっくり出来ないので箱根に行く問は宿泊しなきゃただ疲れるだけ。

やはりですね。30分以内に温泉つかりたいと思った時につかれるというのが最高なんですけど・・・
で、最短でいける所と言うと新幹線使って品川から熱海まで40分。
てぇことで・・・・一時期真剣に熱海に住むこと考えたこともあります。
ですが・・・新幹線通勤かぁ・・・
まあ、いろいろ現実は難しいわけです。


で、ハタと思ったんですね。
 東京都内に温泉はないのか?   

東京都内の温泉に行ったらいいんでね? ということでした。

んで、調べてみるとスーパー銭湯とか健康ランドの中には温泉施設があるのがあること。
ググって1発!都内にもけっこうの数が存在するですね。

んで、スーパー銭湯の中には450円で入れるのもあります。
中には都会のど真ん中にオドロキの掛け流しの源泉を持っている施設をも持つ銭湯もあること。

そこから私の都内の温泉銭湯通いが始まりました。
これからオイラの主観いっぱいのお気に入りの温泉銭湯のことなどつらずらと書いていこうと思っておりマス。





===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================



オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿