朝6時から入浴可能 蒲田 幸の湯

東京都大田区蒲田周辺というのは銭湯が多く、黒湯の温泉銭湯が都内でももっとも多く見られるエリア。
ゆえにこの周辺に住んでいればいつでも温泉に入れると言うことになりますが、蒲田というと温泉は真っ黒という黒湯というイメージですが、蒲田周辺でも黒湯でない温泉銭湯の店もいくつかあります。
今回紹介する「幸の湯」さんも真っ黒ではありません(´・ω・`)。

幸の湯1

ここ幸の湯さんの特長は早朝の朝6時から営業を開始すること。
その代わり11時から14時まで昼休みで、14時から23時まで営業と変則営業です。
例えば朝の国際便で羽田に帰ってきたとしても朝1番で温泉に入れます。
朝から温泉に入れるのはとても嬉しいですね(^^)

場所は蒲田と言うよりか京急糀谷駅の方が近く商店街を抜け徒歩5分ほどで到着できます。
蒲田から歩くと約15分くらいでしょうか?
銭湯そのものはマンションと並列されているタイプのマンション銭湯で昨今都内でよく見られるタイプ。

入りますと自販機で450円を払い入浴です。
脱衣所は狭いですね。それと地元民で結構込んでいます。
入ると真ん中に浴槽が並び、右側に温泉、左側のドアを開けると露天風呂。
階段があり階段を上がっていくとサウナと水風呂というレイアウト。

内湯の天然温泉は前述の通り真っ黒ではなく薄い茶褐色でかすかに色がついているかなぁと言う程度。
ヌルヌル感はなく重油クサイ匂いもせずさらっとしていますが湯治が出来るほどのパワーはありません。
そんなに重くなくライトな感じでガッツーンというのでなくさらっとしているタイプがお好みなら良い感じ。
蒲田駅周辺にある「湯シティさん」ほどのパワーは感じず蒲田周辺の温泉でも泉質はそれぞれ異なっているのはオモシロイですね。


幸の湯露天


で左側のドアを開けると露天風呂。
しかし露天の周りを竹とコンクリートが覆っていて空が見えるわけではありません。
開放感は今一歩という感じですが、冬は温度が冷たいので出たり入ったりする分には良い感じなのと外気に触れるというのはテンションが上がります。
注意書きがあり「露天で話をすると外にただ漏れなので控えるように」とのこと。
まあマンション銭湯ですからよく声が響くのでしょうね。

しかしながら朝6時からやっているというのは魅力的
都内で朝から露天というのはやはり格別。最高の贅沢の一つではないでしょうか?
一般に銭湯は午後3時くらいからの営業の所が多く、ここは羽田空港に近いことなどがポイントですね。
出張帰りにサクッと温泉みたいなことが可能です。
都内で朝早く温泉に入りたくなったらここでしょう( ゚σω゚)!


リンガーハット


風呂上がりのラーメンはチェーン店ですがちゃんぽんのリンガーハット
麺大盛りでも値段が一緒なのはありがたいですね。
風呂上がりのチャンポンは体に染みてうまっかたデス。




===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================
スポンサーサイト

気分は一戸建ての露天風呂 蒲田 大田黒湯温泉


前の更新から1ヶ月も空いてしまいました。
ガルパン・大洗温泉の記事を書いてからアクセス数も伸びて多くの方に見ていただけるようになったのですが、あたふたしている間に1ヶ月経ってしまいました(^_^;)
今日は都内の銭湯に戻ります。





今回は黒湯温泉王国・蒲田の中から太田黒湯温泉・第二日の出湯を紹介いたします。
場所は京浜東北線・蒲田か東急池上線・蓮沼から歩いたところにあります。
私は東急を乗り継いで蓮沼駅から歩くと約5分、蒲田からだと15分というところでしょうか・・・住宅街の中にそこはあり一戸建ての住宅の中に先頭があるというイメージです。

大田区はこのプログの最初にも書いたのですが、掘り進んでいくと比較的浅く黒湯の温泉にぶつかることが多いです。
まあ、その東京湾の海寄りの方の地下には大きな○○が眠っている可能性が高いわけですが、公表されることはないでしょう。
この大田黒湯温泉も「黒湯」とうたっているとおり見事な真っ黒の黒湯の温泉銭湯です。

門構えは比較的新しく看板と暖簾にもにも「大田黒湯温泉」と書いてあります。
番台で料金を支払い入ると普通のほっとする銭湯で、年配の常連さんがらしき人が多く、夕方の4時頃に行ったのですが結構混み合っていました。
昔ながらの銭湯らしく脱衣所や浴室の天井が高く、とても開放感がありますね。

大田黒湯温泉1

泉質ですが、ぬるっとした感覚はなくどちらかというとさらっとしており、匂いもさほどきつくありません。
同じ蒲田でも「ゆ~シティー蒲田」さんほど重油ぽい匂いはなく、ライト感がありながら肌にしっとりという感じで、冬場でも入浴後はハンドクリームなどは必要ないほどしっとりすべすべに。
入浴後顔を触ってみるとわかるのですが、温泉効果が感じられるツルツルになります。
湯治とまではいきませんが、近所にあれば週2、3回は通いたいほど温泉効果は感じられますよ。

露天風呂は左にドア上がり、そこから露天となります。
大田黒湯温泉さんの場合露天風呂は注意が必要で、月の前半は女湯で月の後半は男湯が露天風呂付きというふうにチェンジしているのでいつでも男女とも露天風呂に入れるというわけではありません。
ここの露天風呂はぜひ入ってみてください。

大田黒湯温泉2


邸宅の庭に露天風呂を作ったという感じでなんとも趣があります。
ここが都内であること忘れるほどくつろげるのと露天風呂の隣には池があり鯉が泳いでいるのを見ることができます。
露天風呂で温まったあと鯉が泳いでいるところを見ると時間を忘れるほどくつろげます。

「癒し」を求めて時間かけて車飛ばして郊外の温泉行くなら、この大田黒湯温泉でいいんじゃないの?と思いますね。
湯につかり出て鯉を見なら冷まし、また湯に浸かるというのを何度も繰り返してしまいました。

大田黒湯温泉3

次回は同じ蒲田でも羽田よりの京浜急行空港線糀谷駅の方がより近い幸の湯さんの露天風呂をご紹介します。




===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================



オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿