埼玉シリーズその3 ブラックインパクト やまとの湯わらび店


注: やまとの湯 わらび店は平成26年4月29日閉店しました。




いきなりで何なのですが、私は宇宙戦艦ヤマトやファースト・ガンダムをリアルタイムで見た世代です。
よってこの2作品には思い入れが強く、ガンダムにいたっては「ファースト以外の派生商品のガンダムなど認めない」ファースト原理主義者でもあります。

2012年に宇宙戦艦ヤマトが宇宙戦艦ヤマト2199として復活すると聞いて、「またやるのか・・・キムタクみたいな酷いヤマトになるに違いない。なんでこうも何度もやりたがるのか理解できない」と思ったものです。
何度も何度のリメイク、死んだ沖田艦長が蘇ったり、1だの2だの3だの復活編だのってもうお腹いっぱい。

とても見る気がしないひどい物ばかりでした。
ですから第一作のガミラス編と映画のさらば宇宙戦艦ヤマト以外はヤマトではないと長年思っていたのです。。

そこで出たリメイクの話ですが、宮川泰のジュニアである宮川彬良氏が参加すると知りPVを見たところ「こ、これは今までとは違う」と。
今までにない物を感じました。





第3章まではBDで第4章以降は劇場で見ましたが,第5章が特に好きです。
40年前の作品を現代の技術でリメイクしようと企画したこと、デザイン、音楽等は変えなかったこと、前作でおかしいと思っていた所を絶妙な配置で置き換えたこと、いろいろな映画のシーンや台­詞を巧みに消化して見事に取り入れていること、前半に貼った複線をちゃんと回収していったことや特ににガミラス艦やコスモゼロなどのデザインは40年たってもまるで古くささを感じないのが改めてスゴイと思いました




9月29日はTV放映は最終回を迎え、その際に2014年に劇場版の新作が制作がされることが発表されました。
2199の中にも回収してない複線がいっぱいあったので楽しみにしています。


で、ここまでヤマトの話をしたのが実は今回の複線です(´・ω・`)
埼玉シリーズの第3弾はヤマト繋がりで「やまとの湯」です。
場所は京浜東北線蕨駅から徒歩15分、いわゆるスーパー銭湯にあたり、やまとの湯というチェーン店で全国にいくつかあるのですがこの「わらび店」を取り上げた理由にここが埼玉随一の黒湯であること。

やまと湯1


前回黒湯ではないヌルヌル湯の埼玉スポーツセンターを紹介しましたが、今回は真っ黒。
東京湾周辺は黒湯の温泉施設が多いのですが、埼玉ではなかなかありませんので今回取り上げました。

ジェット風呂、泡風呂、変わり風呂からなる内湯は、全て白湯で、温泉は露天風呂です。
大田区の蒲田や川崎、鶴見あたりの温泉に負けないぐらい真っ黒で湯に浸かると 肌がヌルヌルがすべすべになりなかなかの泉質です。

しかし、温泉のクオリティコントロールが上手くいってないのかそれとも時間によって変化しているのか判断が付きませんが、「素晴らしい」と思った時や「こりゃアカン」と入るたびに印象が違う温泉です。

どうも時間によっても微妙に違うみたいな感じもするし、泉質が日々変化したり時間によって違うのかも・・・
そう言う意味でも変わり種で、進撃の巨人風に言うと「埼玉の温泉の奇行種」で1回行っただけでは判断が出来ません。

やまと湯2


施設そのものは浴室も露天も小さめで食事場所もいいとは言えずなぜここを取り上げるか理解できない方もいるかもしれませんが、埼玉随一のブラックインパクトのお湯と毎回印象が変わる奇行種ということで取り上げました。

で、お湯に浸かった後ですが蕨から赤羽で途中下車。
孤独のグルメで取り上げられていたウナギの川栄さんに行ってきました。
鰻重おいしかったです。

赤羽川栄



赤羽鰻丼






===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================





スポンサーサイト

埼玉シリーズその2 ヌルヌル感がスゴイ 埼玉スポーツセンター温泉


前回真名井の湯さんを紹介して時間がたってしまいました。
個人的に香港に行ったり仕事で導入があったりとバタバタしておりましたが、落ち着いて参りましたので埼玉シリーズを再開いたします<(_ _)>

何と言いますかこの所ちょっと前まで温度は30度超えていて、暑い暑いとぼやいていたのですがかなり涼しくなってきましたよね。
涼しくなると恋しくなるのはやはり温泉です。
しかし、東京特有の黒湯じゃなくてもっとこうちゃんとしたというか,温泉らしい温泉に入りたいけど遠出はイヤ。
雰囲気もそれなりで、モチのロンで値段が安くて駐車場の大きい所とかどっかない?
ということで、それにピッタリの今回紹介するのは所沢にある「埼玉スポーツセンター天然温泉」さんです。

場所は車なら関越自動車道所沢ICから1.5キロ、電車なら東武東上線みずほ台駅からバスで埼玉スポーツセンター前下車、車なら前回紹介した真名井の湯から10分弱という所。
ボウリングやゴルフ練習場、フットサルなど各種スポーツが楽しめる総合施設「埼玉スポーツセンター」一角に温泉があります。

入浴料金は750円(会員料金650円)、岩盤浴を味わうにはプラス700円で営業時間は10時から深夜1時までの年中無休。
施設は茶色の角張り建物でまるで外観は美術館。


埼玉SPセンター1

施設内部は内部は和モダンの内装。館内廊下は光の演出があり癒し音楽のヒーリング・ミュージック流れる館内は非日常を感じるには十分。
脱衣所から湯場まで石敷きは通路で、神社の手洗いみたいな石掘りの掛け湯槽があります。
ここの最大の特長としてお湯がヌルヌル感が抜群なこと。
東京近郊の近場ではこれほどのヌルヌル感は味わえません。

温泉は地下1,200mより汲むPh8.7のアルカリ性単純温泉。
茶褐色の濁り湯で硫黄の匂いをほのかに漂わせていて、入った瞬間「おお、これは!」と歓声が上がります。
湯質も百観音温泉ほどではありませんが、湯治として使えるレベルにあるのではないかと思うほど入った後はお肌すべすべ感を実感。

埼玉にある温泉としてはなかなかのものと断言できます。
面白いのは露天より、内風呂の方がヌルヌル感が強いことでぜひ内風呂で入ってみて下さい。

埼玉SPセンター2

人によって好き嫌いはあるとは思いますが、なんといってもこれほどの存在感があるヌルヌル感は大きなポイント。
温泉は、ひとつだけかけ流しがありますがとてもいい感じ。
また高低差をつけた露天風呂は6種類ありどれも凝った感じで色々楽しめることと温度がそれぞれ分かれていて熱めぬるめとそれぞれの好みで味わえるが何と言っても良いです。
街の騒音などが聞こえず館内を流れる音楽も心を落ち着かせる物であり、時間がゆったりと流れるとても広くてのんびりゆったりと入ることができます。

昼もいいですが、夜ライトアップされている所入るのもいい感じでとても落ち着きますので、「疲れた」が口癖で最近心身ともにお疲れ気味の方、1日いればいい充電が出来るでしょう。
ローケーション的には淑徳大学の近くであり景色は温泉地というもではありませんが、駐車場も大きく日頃の疲れを取るにはちょっと非日常的であり、東京から行くとすればちょっとしたドライブでありながら遠くないというのがお勧めのポイントです。
金曜の夜とか仕事が帰りに車飛ばしていくとかするともう最高でしょうね(^^)

気になる点は館内放送が大音量で頻繁に有ること、ドライヤーが有料な事くらい。
疲れ気味で非日常を味わいたいけど遠出は勘弁と言う方にお勧めです。
次回は埼玉シリーズ第3弾です。




===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================



オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿