デカイひたすらデカイ 鉄人28号モニュメントと灘温泉(神戸市) その1



京阪神温泉銭湯シリーズ続けます。
神戸周辺の温泉銭湯施設は3,4泊程度の旅行では味わえ尽くせないほど良質な温泉銭湯が沢山あり、温泉入る目的を旅行の主目的にするのも十分にありで楽しめます。

関東方面から遠征するとしたら新幹線が一般的だとは思いますが、私は飛行機でJALパックなどを利用。
伊丹空港や神戸空港を拠点とし、2泊、3泊で交通費、宿泊費込割引クーポン利用で3万台のツパックァーが沢山あり新幹線で行くより旅行費を抑えられることも可能。

例えば羽田から神戸空港を使うパターンで検索すると2月26日(木)仕事終わりに出発、金曜日を有給で3月2日(月)に戻るという4泊5日の旅行で検索すると26日に20時15分羽田発のANAの便で出発、帰り3月2日7時5分発8時5分羽田着というパターンでパックツアーが3万円台でじゃらんや楽天とかでたくさんヒットします。


じゃらんこうべ1


仕事帰りに移動、出勤日に帰京とちょっと大変ですが金曜日有給1日取るだけで週末利用の4泊5日の旅行が可能。
出勤日を移動に使うことで丸々3日現地で動くことが出来時間を有効に使えます。


今回の旅行では伊丹空港を利用大阪・梅田に宿を取り動きました。
梅田から阪急で三宮移動、ここでステーキを食べ鉄人28号のモニュメントを見て沿線の温泉銭湯・灘温泉に向かいます。


三宮ではビフテキのカワムラでまずはランチ。
ステーキランチで4000円ちゅうのは贅沢ですな。
高級ステーキ店でよくある目の前で焼いてくれるスタイル柔らかくて美味しかったです(^^)。


かわむら2

かわむら1


で、三宮から阪神本線直通特急に乗って西代駅へ。
西代駅に着くと「町を守りみんなを守る鉄人ぞ」と看板があります。


鉄人1


西代駅を降りJR新長田駅方面の若松公園にある鉄人28号モニュメントに向かいます。
西代駅から歩いて10分ほどで着きます。


鉄人9


webで調べると実物大鉄人28号モニュメント像は神戸市長田区の若松公園に阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして2009年9月30日に完成。


鉄人5


高さ約18m、ウエスト周り約20m、顔の高さ約2.2m、手の甲の幅約1.7m、足先の長さ約4m、重さ約50t(基礎重量約150t)と大変迫力のあるモニュメント像となっていますとのこと。


鉄人2


夕方に到着したのですが・・・
第一声が・・・ デ、デカイ ありえないほどデカイです(´Д`;)
まさに鉄のかたまり


鉄人3


下から見上げることも出来ますがマジでデカイです。
なんというか地元のヤンキーさん達の待ち合わせ場所にもなっていてそこもシュールでした(´・ω・`)

なんというかお台場のガンダムもそうですが、いつかこれ動くんじゃないか?と思いますね。
神戸に行った際は見る価値十分ありで夜はライトアップされるそうです。

鉄人4


鉄人28号は「グリコ♪グリコ♪」が初代。流石に私もリアルタイムでは見たことありません。







何回かリメイクされていますし、docomoのCMにも採用されています。
2004年度版のOPとEDは六本木男声合唱団が担当。
作曲家三枝成彰氏を団長とする財界・政界・スポーツ・芸術・芸能等の各著名人で異色な構成の合唱団です。














さて、これから灘温泉に向かいます。







スポンサーサイト

まるで家系ラーメンのスープの色 関西屈指の超個性派 クア武庫川 その2



阪神電鉄といえなんば線が開通して、以前は乗り換えが必要だった難波からも直通で阪神本線に乗り入れ出来るようになりました。
実は阪神沿線は温泉銭湯がたくさん存在し温泉銭湯マニアにはたまらないエリアです。

遠からずの場所に有名な有馬温泉もあり、温泉ファンには恵まれたエリア。
私はかつて阪急今津線沿線に幼少期に住んでいたことがあるのですが、今もし関西エリアに住むのならこのエリアに住みたいです。

武庫川駅でもいいのですが一つ先の鳴尾駅を降り胸の高まりを押さえつつ、いつ来ても混んでいる関西でも指折りの人気の温泉銭湯・クア武庫川さんを目指します。
武庫川女子大の校舎を通りもろ住宅街のどうみても温泉など有りそうもない感じの場所にクア武庫川さんがあります。


クア武庫川地図


私は徒歩で行ったのですが駐車場が充実しており、かなりの台数を停めることができるようですね。
入口の脇には源泉を出している湯口がありボコボコっと見事な析出物が期待が膨らみます。


武庫川2


入浴料は420円で東京の460円より安いですね(^^)
受付で入泉券を渡し脱衣所へ。ほう結構広いです。


武庫川3

 
中に入り全体的なデザイン、カランの形状や水の出方などをみると東京の銭湯で使われているのと違います。
ここでも地方の特色というか文化の違いを痛感。


武庫川5


入って左側に温泉があります。

な、なんじゃこりやああああああああああああああああああああああああああああ

駅からも近い住宅街の銭湯ですが、温泉浴槽は析出物びっしりの茶褐色湯でまるでその色は横浜家系ラーメンのスープのよう。見た目通りの鉄臭と強い塩味を感じ、良い意味で呆然。

武蔵小山の清水湯さんもこの色の泉質の湯もありますが、ここの方がはるかに濃く金気臭と鉱物臭がきつくガスも感じることができまるで山奥の温泉に来たかのような風情と貫禄があります。


武庫川4


「露天エリア」という言葉から、外に庭程度のスペースに浴槽があることを想像していたのですが、引き戸で区切られた10畳ぐらいのスペースに湯舟と狭い洗い場があり、屋根が一部オープンになっただけの「露天エリア」でした。
当然眺望はありませんが、熱が室内にこもらない分気持ち良く入浴出来るので最近外が見えず上だけちょっこと空いているタイプ。


しっかし、これほどのものが住宅街に存在するのはある意味反則、ズルイ。(近くの人がうらやましいデス)
泉質はワイルドでガツンとくるものがあり、かなりのハイパワー湯上がりは肌がややひりひりします。

調子に乗って長時間入っていると確実に湯あたりをおこしそうなパワー。

ゴボッゴボッと大きな音を立てながら噴出する源泉、析出物で鍾乳洞状になった源泉口、層を成した析出物がランダムな模様を描く洗い場と雫状の析出物で覆い尽くされて元の形が判らない浴槽と赤茶色に変色した浴槽付近の壁などとても都心にある温泉のビジュアルではありません。

街中の銭湯ながら、鉄分やカルシウムを豊富に含む薄褐色泉が有馬級の泉質と評判とのことでしたが流石にうなってしまいました。

ここまでのワイルド系の温泉銭湯は東京には存在しません。
東京の温泉銭湯に慣れている人間にはかなりの衝撃でしょう。


武庫川1



温泉に出たあとも長時間顔のツルツル感が続きました。
高温のため長時間浸かりませんでしたが、とても濃い温泉なので長風呂は禁物。
住宅街ある銭湯でここまで「キケン」な泉質を持つ関西屈指の超個性派の温泉銭湯と言えるでしょう。


その強烈な泉質とビジュアルで快適な浴感ではないので、毎日入りたいタイプの温泉ではありませんがその強烈な個性は心を惹きつけるものがあり忘れることが出来ません。
私も近くに来たら是非再訪問したいです。

阪神電鉄の鳴尾駅や武庫川駅や東鳴尾駅から徒歩圏内の温泉なので、大阪や神戸に来る機会のある泉質マニア、温泉銭湯ファンに是非とも体験して頂きたいと思っております。


帰りに難波でお好み焼きを食べましたが、正直????
値段も高いしこのお値段にしては味も微妙。

物凄く期待してたんですがちょっとガッカーリ。
関西のお好み焼きってこの程度なの?値段と中身がかみ合わない。(すみません。正直な感想です)

お店の名前は出しませんが結構有名なところだったったんですが・・・・
それで、「お好み焼きは自分の家で焼くのが1番」って子供の頃聞いた言葉を思い出してしまいました。


武庫川6







オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿