お気に入りの宿シリーズ 猫が接客してくれる温泉宿海風荘 (静岡県宇佐美)


猫が飼いたいのに住んでいる所がペット禁止であったり、天寿を全うできるまで飼いきれる自信がないとかでネコ好きなんだけど飼えないって人多いと思います。

実家が一戸建てで普通に猫や犬がいる生活が当たり前だと思ってマンションやアパートでひとり暮らしを始めたら「猫を飼うこと」これが実にハードルが高い。

今は猫カフェというのがあるので、猫と戯れたいのならそこに行くという方法がりますね。
今回紹介する温泉宿は猫がスタッフとして数えられていて、実際猫たちが部屋にやってきて接客してくれる温泉宿海風荘をご紹介します。

場所はこのプログでも何回か取り上げている静岡県伊東市宇佐美。
以前紹介した宇佐美ヘルスセンターといい中島荘といいこのエリアは実にいいお湯が出ますが、この海風荘もその例にもれません(´・ω・`)


海風荘04


海風荘は宇佐美駅から徒歩3分、宇佐美海水浴場もすぐ目の前。
ここは「猫と触れ合える温泉宿」として有名で猫好きのお客さんもたくさん訪れているところです。


海風荘03


宿の玄関に入ると早速猫がお出迎え。
チェックイン時のスリッパに猫が寝ており女将さんが慌てて猫をどかしてスリッパを揃えてもらいましたがまずそれでほんわかした気分に。
猫は宿の中を好き勝手に歩きまわっていますが、食堂とお風呂は猫たちは入らないよう躾されているようです。


海風荘10


その猫達は人見知りせず、毎日自由にのびのびとお客を迎えてくれます。
特に夜はにゃ~ニヤー泣いてお部屋に入ってくるのに吃驚。実に人懐っこい猫たちです。


海風荘02


海風荘08


私が宿泊した日も入れ代わり立ち代わり猫が訪ねて来ていっしょに遊んでくれて「猫と遊びたい欲望」を満たしてくれました。
何というか人間にこうしたら喜んでくれるというツボを心得ているというか「よく来たニャ~」と「接客」してくれます。
猫を飼えない方は自分の部屋に猫が訪ねてきてくれて遊んでもらえるのはタマラナイはず。


海風荘05


またここの魅力は猫以外にも食事が美味しいこと。
旬の食材が使われた手作り料理が出てきて刺身、魚の煮付、天婦羅、酢の物などもうお腹いっぱいになるほど次々出てきます。
(写真だと品数少なめに感じるかもしれませんが、このあと揚げたての天麩羅などいろいろ出てきます)


海風荘09


朝食もボリューム満点。
私の持論として「温泉宿の食の評価は朝食で決まる」というのがありますが、量も味も満足。デザートのメロンを美味しい。
8000円程度で泊まれる民宿としては食事は値段以上のもの期待していいと思います。


さて、肝心要の温泉ですが、伊東市にある宇佐美は宇佐美海水浴場をはじめ、温泉地であることで有名な場所で名湯が多いエリア。
もちろんこちらの民宿でも温泉に入ることができますが、宇佐美らしく非常にパワフル。


海風荘01


浴室は家庭のお風呂より少し大きい程度でそれほど大きくはないのですが、十分な広さを持ち時間を決めて無料で貸切でをさせてもらえます。
残念ながらかけ流しではありませんが、カルシウム、ナトリウム-塩化物、硫酸塩温泉でこれが体に来ます。

宇佐美の湯らしく見ただけではパワーは判らないのですが、入ると手にひかかる感じや五臓六腑にぐんぐん来る感じやものすごく温まり入った後は汗が引かないなど宇佐美温泉の特徴はこの海風荘の温泉も持っています。

入浴後は体がポカポカ冬でも湯冷めしにくく、ぐっすり眠れるので疲労回復効果満点!
注意事項として宇佐美の湯は見た目よりのはるかにパワーが有り、何度も入ったり長時間入力すると相当体力を消耗します。

箱根湯本あたりの温泉の感覚で入ると「効き」がまるで違うので、都心街場のスーパー銭湯の温泉のライトな感覚は捨てること。
伊豆全域で見てもトップクラスの良泉エリアで見た目と違って相当なヘビー級の持ち主なので是非皆さんにも経験していただきたいです。


海風荘は猫が遊んでくれる上、ご飯もおいしく温泉もハイパワーでおすすめの宿。
特に猫がポイントで宿側は猫を「スタッフ」と呼んでいるのですが、それがよくわかります。


さて、翌朝チェックアウトしてJRに乗り熱海で乗り換え東海道線で藤沢へ。
以前紹介したお店の萌えキャラクターを各店で展開しているビックカメラ藤沢店で藤沢たん団扇をもらって帰りました。


海風荘07


何というかビックカメラ萌えキャラのレベルが高くて個人的になかなかのお気に入りです。
アニメ化しないのかな?











スポンサーサイト

清潔感があり露天風呂が気持ちよい 鶴の湯 (江戸川区船堀)


カーッっと暑くなったり豪雨がきたりすっきりしない天気が続きますね。
こんな日は温泉に入ってスカッとしたいですね(^^)

今回ご紹介するのは江戸川区都営新宿線、船堀駅の近くにある温泉銭湯・鶴の湯さんです。
江戸川区には温泉施設が何箇所かあるですが鶴の湯さんがトップバッター。


船堀駅から歩いて5分ほど船堀小学校の西側の住宅街の奥にある天然黒湯温泉銭湯。
車で行っても車は近くにコインパーキングが3カ所ありその他いくつか駐車施設があるので車での来場もOK。
最近リニューアルされたようでなかなかに綺麗な外観。


鶴の湯01


入ってみると天井は高い!!そして綺麗!
脱衣所・浴室ともにコンパクトな造りながら小奇麗で気持よく入浴できると思います。


鶴の湯02

鶴の湯03


内湯には真湯、源泉、源泉冷湯の三本構成でサウナは別料金のどこにでもある銭湯のスタイル。
温泉は内湯と露天があり色は真っ黒というよりは琥珀色ですがさっぱり感のあるヌルヌル感というやや独特な湯。
茶色い湯の花が舞っており露天が掛け流しという話ですが、サウナの前の冷風呂もおそらく掛け流しですね。


内湯、露天風呂共に温泉なのですが、特に露天はかけ流しに対して内湯は循環なので鮮度では露天に軍配。
黒湯としてはほぼ無味無臭に近く黒湯のキツイ臭いが嫌という方にも向いています。
外の露天風呂と源泉使用の水風呂と交互に入ると気持ちが良く身体がポカポカしていい汗かけます(*^^*)

この施設のハイライトは何と言っても露天風呂。
浴槽は岩つくりの野趣あふれるもので4、5人サイズで腰を下ろしてようやく肩までつかれる深さ。


鶴の湯04


かどに組まれた岩から源泉が流れそれらしい雰囲気があるものの四方は壁に囲まれ天井だけが空いているというだけの露天で景色も望めません。

ですが最近の温泉銭湯の露天は屋根があったりして外も満足に見れないのも多いのに対して、露天から抜けるような青空に飛行機が飛んでいるところも見えます。


鶴の湯05


何と言っても小奇麗でコンパクトながらも気持ちよく個人的には落ちついた雰囲気で入浴できました。
泉質はメタケイ酸の源泉でかつ清涼感のあるヌル湯が特徴で、都営新宿線で温泉をお考えならオススメです。


鶴の湯06


温泉に入ってお腹がすいたので今日はハンバーグの気分。
びっくりドンキーはカレーチーズバーグディッシュを頂きました。
ハンバーグにチーズはよく合いますよね(´・ω・`)


鶴の湯07









オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿