東京にある田舎温泉  前野原温泉 さやの湯処 (東京都板橋区)


ふとした会話で「趣味はミニ四駆を走らせることと、温泉に行くこと、旅行に行くことですね」と言うと「温泉地にはよく行くのですか?」という質問を受けることがあります。

「温泉地に行くこともよくあるのですが、都内の温泉に行くことが多いですね。」と答えると「都内の温泉?スーパー銭湯のことですか?温泉じゃないですよね。それに雰囲気もないし・・・・」

と言われた時に「都内にも温泉地行ったとも思える場所がありますよ。週末激混みなのがが難点ですが・・・」とオススメするのが今回取り上げる東京都板橋区にある、昭和の香り漂う建物が印象的な「前野原温泉 さやの湯」です。


私自身はこじんまりとした昔ながらの銭湯の方が好きなのですが、多忙等で旅行できない時に旅行した気分を味わい時にここを訪れます。

場所は東京都板橋区、都営地下鉄三田線の志村坂上駅から、徒歩で約8分。
イオンスタイル板橋前野町店の隣に建つ、旅館のような落ち着いた佇まいを見せる日帰り入浴施設です。


さやの湯01


無料駐車場(90台)もあるのですが、週末は激混みの人気施設なので車で来る場合は平日か出来るだけ電車、バスなどの交通機関を使ったほうが無難です。

建物全体にが風情があるのはかつての資産家の邸宅を利用してるからで、とても都内にいるとは思えず窓ガラスも平板ではなく波打った昔ながらの昭和の板ガラスを使用しており非日常感を味わえます。

入店すると100円返却式靴箱キーと、精算用バーコード付リストバンドが1つになっています。
入浴料は平日830円(土日祝は1030円)で、精算は帰る時に自動精算機で後払い。
天井高が広々で解放感があり床はキレイでピカピカで気持ち良いですね。


さやの湯02


玄関から左手奥に進むと、男女別の大浴場がり、ロッカーはコインレス鍵付のタイプ。
コイン式は何回か100円を忘れてそのまま帰ってきたことああるのでコインレスは高評価!


さやの湯03


更衣室を抜けると、まずは内湯となっています。
カランはおそらく30ほど週末は激混みになるのでこの数ではまず足りないでしょうね。

屋内風呂と屋外風呂があり、浴室は特に広いというわけではありませんが、気泡付き風呂や電気風呂、サウナ、水風呂など一通りそろっており内湯はなめらかな湯ざわで井戸水を使用しているとのこと。


さやの湯04


お目当ての温泉は露天風呂で 内湯を出て一番手前にあるのが源泉浴槽から流れ込む、ちょっとぬるめの湯が満たされた円形のうぐいす色の湯船。

こちらの湯は濁り気のあるウグイス色というか薄黄土色で湯を舐めてみるととてもしょっぱく、赤く変色した湯口の周りからも湯の濃さを感じます。

日帰り温泉によくあるつぼ湯やねころび湯、薬草サウナも完備。
奥にある源泉浴槽は都内では珍しいかけ流しで、色はやや白色弱濁り鉄塩系の濃い泉質で都内でかけ流しの湯に浸かれるのはかなり贅沢なこと。

この施設のハイライトはこの源泉でかなり体にピリピリ来ます。
ある程度は長湯可能だとは思いますが、「湯あたり合う可能性があるので長湯は注意」との表記があり。

このレベルの泉質の温泉に入れるのは都内では貴重で、入浴していると施設の雰囲気とあいまってとても都内にいるとは思えません。

冬に雪が降る中に入るのが情緒があっていいでしょうね(´・ω・`)
難点は掛け流し浴槽が小さく、つねに貸切状態になるほど混みあうことと、源泉以外湯船は循環濾過、塩素臭するなどの差があることが問題点でしょうか。


さやの湯05


館内には食堂の他に仮眠ができるうたたね処や女性専用お休み処もあり、1日ゆっくりと過ごすことが可能
施設は2階に岩盤浴があるのですが、ほとんど平屋に近い構造で、枯山水の中庭があったりと凝ってます。


さやの湯06


週末利用でも料金を1000円以内に収めている点は良いかと思いますが、難点は仕方がないことですが混みあうことですね。
都内にいて田舎気分をじわいたい方におすすめの施設です。













スポンサーサイト

シン・ゴジラが現れた蒲田にある ヌーランドさがみ湯 (大田区蒲田)


東宝の映画シンゴジラがヒットしています。
総監督および脚本を務めるのは『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明。

私も公開2日になんの前知識も得ずに見に行きましたが「おお、CG処理も含め日本もやれば出来るじゃない!」と感想を持ち少なくともハリウッド版のゴジラよりはるかに良い傑作でした。

「怪獣映画に妙な恋愛要素や人間ドラマは不要。そんなのに尺を使うならゴジラを暴れさせろ!」という思いが個人的にありましたが、自衛隊と対峙するゴジラは見ていて爽快、「怪獣映画なんだからどストレートにやってこれでいいんだよ。」という自分の希望がそのままスクリーンに現れ大人の鑑賞に堪える怪獣映画になったことに大満足。





内容的にも官邸などのやり取りを描くことによりしっかり現代日本らしさと安全保障の時事的な問題もしっかり取り上げていることに進撃に何とかとかゴキブリホーマーズとか絶望的な駄作を見させられて邦画に対して絶望感を味わっていたのを「やればできる」という希望が見えたのが嬉しい。


そのゴジラの撮影ですが、2015年8月31日蒲田駅バス停前が数時間にわたり交通規制が敷かれ、そこで「シン・ゴジラ」の撮影がありました。

東京湾から上陸したゴジラが東京蒲田を通り東京を縦断して武蔵小杉の高層マンション街へ。
蒲田という街は昔松竹撮影所があった映画村であったことから映画の撮影にも協力的であったのでしょうか?


さて、本日紹介する温泉銭湯はそのシン・ゴジラに破壊されたであろうヌーランドさがみです。
蒲田駅から歩いて20分弱ほどかかりますが、京急の雑色駅からなら約3分ほどの距離、銭湯の料金でありながら中身はスーパー銭湯のような施設です。

古くからの銭湯、第三相模湯を平成8年に全面改築、丸い出っ張りが目を引く建物、小柄なビジネスホテルのような外観、地下駐車場もあり90人収容の大宴会場も完備。


ヌードルランド蒲田01


入浴だけなら460円の銭湯価格ですが、外観も中身もスーパー銭湯仕様で入浴料は自動販売機で購入。
暖簾をくぐり脱衣所へ。


ヌードルランド蒲田02


ヌードルランド蒲田03


ロッカーは大きく気持ちが良いのですが、ここであえて言っておかなければならないのですがこのエリアの利用客の「民度」。
やや常識に欠けた方や人を不快にするような振る舞いをする方、あと「やらないか?」というかそっちの方向(男色)に趣味ある方の割合がやや目につきます
人によってはものすごく不快に思うことがあるかもしれません。


さて、浴室ですがボディソープ、シャンプー付きで天井も高く綺麗で気持ちいい。
温泉はこのエリアの特徴である黒湯温泉で内湯と洞窟風呂のような露天の二つあります。


もう真っ黒と言っていい黒湯、スベスベ感もあり内湯は7,8人ほど入れるほど大きくよく温まります。

黒湯のパワーから言うと「ゆーシティー蒲田」の方が上だと思いますが、ナトリウム炭酸水素塩泉で上がったあとも肌のすべすべ感を実感。


ヌードルランド蒲田04


内湯からドアを開け下方に下がっていくと露天風呂で3,4人入る事ができるスペースが。
露天風呂の方は場所柄屋根がついていて本当の露天風呂ではありませんが、外気の温度を感じながら湯に浸かることができます。


ヌードルランド蒲田05


内湯に比べて露天はぬるめの湯でありで長湯ができます。
夜はいい感じでライトアップされていて、雰囲気もあり温泉に出たり入ったりしてマッタリするのは最高。
温泉の他にも白湯ですが、電気風呂や気泡風呂、寝湯など色々種類があり、460円でいろいろと楽しめる銭湯です。


ヌードルランド蒲田06



オフロに入った後は蒲田駅東口の蒲田きってのあやしいエリアにある和鉄で豚しゃぶつけ麺をいただきます。
麺増量無料でミニチャーシュー丼も希望すれば付いてきて、つけ麺を食べた後スープ割りしてチャーシュ丼は美味しゅうございました。


ヌードルランド蒲田07











オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿