あんこう祭り2006レポートとももくり その3 シャレオツな喜楽里別邸(茨城県ひたちなか)



これまで毎年あんこう祭りに行った際、温泉に入りたい方のために大洗周辺の温泉施設を紹介してきました。

ここ2年ほどは阿字ヶ浦や常陸多賀など水戸からやや遠かった所であったことを反省。
そこで今回は水戸駅からバスで行けるひたちなか市の「喜楽里別邸」をご紹介いたします。

「ひたちなか温泉 喜楽里 別邸」の最寄り駅は水戸駅の隣のJR勝田駅になりますが、水戸からバスが出ているので水戸からバスのほうが楽。

何より大洗のあんこう祭りから帰るのに水戸駅に行くでしょうからそこから行くとすれば勝田へ行って勝田からバスに乗るより水戸北口3番乗り場「勝田営業所」行きに乗ったほうが楽(運賃270円)。
そして「筑波台」停留所から歩いて5分ほどの所の住宅街のハズレに喜楽里別邸はあります。


ももくり04 


水戸市の隣のひたちなか市内に2014年にオープンしたこの喜楽里(きらり)別邸は、新しく綺麗で大人の隠れ家日帰り温泉といった感じでとても茨城にいるとは思えないほどシャレオツで(失礼!)雰囲気のあるスーパー銭湯です。


ももくり05 


かけ流し天然温泉の幟がある入口をワクワクしながら通過すると「nifty年間ランキング全国総合3位」に選ばれましたと誇らしく展示されています。


ももくり06 


フロントに行き説明を受けると料金コースは2つで室内着とタオルが付くゆったりコース(平日1180円)とタオルのみのシンプルコース(平日900円)の2つありますと丁寧に説明されスタッフの接客の良さに感心。

どちらのコースを選んでもタオルが付くので手ぶらで楽しめますね。
システムはよくある下駄箱にキーにバーコードが付いていて飲食その他をこのバーコードを示して退出するときに最後に精算というタイプ。


ももくり08 


施設はきれいで新しいだけでなくそれとなく高級感となんともゆったりとした雰囲気。
お風呂まで歩いていく床も板ではなく柔らかいソフトなタイプで歩いていても気持ちいい。

脱衣所もゆったりしていてよし。
ただ平日はいいですが週末は混むでしょうね。

内風呂は特質する所なし。
この大きさだと週末は芋洗になってしまうかな。やはりできれば平日の昼間か夜がおすすめですね。


喜楽里別邸のハイライトは露天風呂「一望の湯」。
外から田園風景が見え、6,7月には田んぼの風景が見れて絶景、あと夜は水戸の夜景が見えてとてもいいそうです。
私が行ったのは11月も末ですから稲は刈られていて殺風景だったのは残念。


ももくり12 


この露天風呂1番外のほうが深くなっていて湯の中で座って景色が見やすいように、湯船の底に掘りごたつのように段差が設けてあります。


ももくり11 


このひたちなか温泉は、平成26年8月に地下2000mから湧出、湧出地からは毎分160リットル、47.1℃の天然温泉が湧出。
泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉で、お湯の色は薄茶色この地域では大変珍しく貴重な温泉となっています。

温泉はかけ流しもあり若干ぬるめではありますがとても気持ちいい。
場所柄仕方ないのかもしれませんが残念なのは若干消毒臭が強いこと。
水戸周辺のおしゃれで落ち着けるという条件ならここがピカイチだと思いますね。

さて、お風呂に入ったあと同じバス停から茨城大学行きバスに乗るとアニメ「ももくり」の舞台のモデル「常磐大学高校」へいけます。
筑波台から栄町2丁目まで茨城交通バスの運賃で370円。


ももくり14 


バス停には常磐大学高校の生徒が沢山いましたが女子が圧倒的に多かった。
ももくんと雪ちゃんここで青春していたわけですね。


ももくり15 


バスはひっきりなしの来るのでバス停で2人で入れる時間は5分とありませんが、この2人には濃厚な時間っだたのでしょうが、よく水戸のここを舞台としましたね。

水戸は地方都市ですが必要なものはほぼ揃っていて、ほどよく都会とい言う感じ、駅ビルも新しく
高校生も多くスタバによって青春している姿を見かけます。


ももくり6 




さて、あんこう祭りに来年も行くかといえばYES.
やはり楽しめますし、水戸周辺をめぐるのも楽しい。

ですが、前日入りする方は宿の用意をお早めに。直前だとほんと洒落になりませんよ(´・ω・`)








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿