温泉ではないがレトロで温泉に入ったかのような感覚 仲の湯(福島県いわき市)


これからしばらく東北・福島シリーズになります。
第一弾は常磐線のいわき駅近くの非常のレトロでインパクトのある仲の湯を取り上げます。

場所はいわき駅から歩いて10分弱に繁華街の少しはずれに「仲の湯」があります。
いわき市で唯一となってしまった銭湯で居酒屋が入っているビルの「2階」で14時から23時まで営業中。


仲の湯01 


何というか飲み屋街のはずれにあり、どうにも銭湯らしからな佇まいにしかも二階で入り口から入るとすぐ階段。 老夫婦で仲良く切り盛りしていて入浴料は400円。


仲の湯02 


コンクリート打ちっぱなしのビルの二階に上がると素っ気ないただ「男湯」と「女湯」の入り口木製のドアがあり、「これは営業しているのだろうか?」悩む事請け合い。


仲の湯10 


この一見客を排除するような佇まいは非日常性を求める風呂好きにはたまりません!

男湯の入り口を開けると、おもむろに番台が登場、その番台の待ち構えっぷりが衝撃的。
ビル銭湯なのに番頭スタイルというギャップがもう~吃驚。


仲の湯03 


入り口から湯船が見えますがもう10人も入ればいっぱいで湯船も2つありますが3,4人ぐらいしか入れないほど超コンパクト。番台で料金400円を支払います。


仲の湯09 


そしてその場所がそのまま脱衣所になっているので、服を脱いで風呂に入る準備をするわけですが、ロッカーの上にはおそらく常連客のたくさんのシャンプーやらボディーソープが置いてあり地元民に愛されていることが伝わってきます。


仲の湯04 


とまぁ、そんな情緒溢れる思いに浸りながら、浴室に足を踏み入れますが・・・ちっちゃ!
そもそも、銭湯が、マンションの一室にあるような作りなので、小さいのも仕方のないこと。


仲の湯05 


これもまた、風情があるというものです。
地元の人たちは、この小ささも含めて、仲の湯を愛しているのでしょう。

さて、まずは体を洗って・・・と思ったら、シャンプー、石鹸は一切置いてありません。
自分で用意する必要があります。


仲の湯07 


体を洗ったところで、湯に浸かりますかと湯舟に目をやると、すでに2人が入っています。
ここの銭湯、非常に小さいので湯舟も4人も入れば、満員ぎゅうぎゅう詰め状態になってしまいます。

しばらく待っているとその2人も上がり出て行くなど回転率が早い。
誰もいなくなったのでゆったりと入浴。

2つある湯船は熱湯と少し温度の低いのと2層に分かれておりまずは熱湯から。
うーん、高温ですが体が温まってよいです。

長時間は無理ですが、今の寒い時期ならなんとか入っていられますね。
ここの湯、不思議なのは温泉でもないのに温泉効果みたいのが感じられること。

入った後ずっとポカポカしていたのと、翌日肌がすべすべになるなどの温泉効果のような症状が出て「あれ、仲の湯って温泉だったけ?」と調べ直したほど。

レトロでインパクトがありコンパクトながらも印象深く、しかも体も温まりなぜか温泉効果のようなものも感じられる不思議な銭湯です。

ちなみここ知ったのは福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 竜田一人作の「いちえふ」でこの仲の湯が紹介されいたから。

竜田氏は作業終了後に14時からやっているこの風呂にはいるのを楽しみにしていたとマンガの中でも語っています。


仲の湯08 


さていい風呂に入るとラーメンが食べたくなります。
仲の湯にほど近い麺遊心で超極細の低加水麺とアゴだしを使った魚介系ラーメンの店“顎顎ラーメン”をいただきました。
アゴ出汁と鶏ガラスープのしっとり感が美味しゅうございました(^^)


仲の湯06 








スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿