時の流れが緩やかのレトロな浴場 菅野温泉(長野県下諏訪)


長野シリーズがしばらく続く予定だったのですが、前回、前々回とけものフレンズ・東武動物公園コラボと雅歌の湯の紹介をスポット的に紹介しました。

今回から予定通り長野シリーズをお送りしますが、諏訪地方の温泉の紹介が多くなりますのでよろしくお願いします(*´∀`*)

実のことを言うと数ある温泉地の中で私は下諏訪温泉が1番気に入っています。
その理由として湯に力があること、熱いお湯で気持ちいいこと、諏訪大社の近くの温泉には不思議な力が宿っているのを体で感じることなどからで勤務終了後の仕事帰りにバスタ新宿から高速にバスに乗って諏訪によく行っています。


19時台のバスの乗ると23時頃に上諏訪、下諏訪に着きますのでそこから宿にチェックイン、温泉に入って真澄などの地酒を飲んでバッタンキューというのが最高。

そんな下諏温泉の第1回目は下諏訪駅や高速バス乗り場からほど近いレトロな趣がある菅野(すげの)温泉です。

この菅野温泉を「下諏訪三湯」を差し置いてトップバッターに取り上げるのは場所的に電車やバスの待ち時間に行けること、「熱さ」が売りの下諏訪温泉の中でも比較的温度が低く初心者にも優しいのが『菅野温泉』だからなのです。
 

菅野温泉01 


国道20号線から少し入った場所にあり下諏訪駅から歩いて5分弱、下諏訪高速バス停から歩いて2,3分というところでしょうか?

菅野温泉は事務所らしき建物の裏手にあるのですが、表には小さな看板しか出ておらず非常に探し辛い、セブンイレブンの方まで歩くと行き過ぎです。

下諏訪温泉の共同浴場の1つで、国道20号の大社通り交差点すぐ横にありますが、消防団の建物の中にあり入り口には小さな看板しかありませんので、非常に探し辛いです。


菅野温泉02 


小さな看板を見つけたら「秘密のわき道」のような通路が20メートルほど進むとその中程に菅野温泉があります。 


菅野温泉03 


実に不思議な場所で地元民しか受け付けないような古さと貫禄があり、その屋根のある路地を通るのがまずこの温泉の儀式。 

このロケーションやその造りのレトロさいかにもジモティ(地元民)しか知らないような隠れ家のような共同湯が風呂好きとしてはたまりません。

明治19年創業の歴史ある入り口を入ると番台の辺りとか浴場の戸の辺りは年代を感じさせる木造りがドーン!
入浴料は自動販売機で230円で購入(安い)し番台で渡します。


菅野温泉07 


番台のおじさんはとても物静かで貫禄あり、脱衣場は木造の昭和の始めのようなレトロ全開、年代ものの体重計などコレでもかとここだけ時間の流れが違います。

休憩用のイスがありテレビまで置かれていますが時代劇が流れていたりして平成の今時を忘れてしまいそう。 さて脱衣所で着替えガラスの向こうに円形のお風呂が見えてきます。


菅野温泉04 


年代物の施設ですがよく清掃されておりキレイで気持ちがいい。

浴場はブルーのタイルが美しい中央に湯船があるタイプでなんとなく欧州的な感じがしないでもなく上を見上げると倉庫の様にも見えますが、天井も高く圧迫感はありません。


菅野温泉05 


カランもお湯にしたがってぐるりと広くゆったりスペースが採られていますが、石鹸やシャンプーはありませんので持参する必要があります。 


菅野温泉08 


湯は加水ありの掛け流し、湯口から熱めでわずかにですがぬるぬる感を感じる湯がかけ流されています。熱く感じるかもしれませんが下諏訪の中ではこれでも低めの温度。


菅野温泉06 


最初は熱く感じるかもしれませんが入っていると適温に感じ湯が心地良く、お湯は無色透明かすかに石膏臭して僅かに塩気を感じます。

下諏訪温泉の特徴はお湯に力があり、体力を奪われる感じが如実に感じるほど効果があること、じんわり熱さが沁みてきて体のこりがほぐれていきますがそれと同時に真冬であってもものすごい汗が吹き出してくるほど体があたたまるのがこの温泉の力を表しています。


ヨーロッパの湖畔かと思うタイル絵を眺めながらの湯を楽しみ地元のお年寄りの会話に耳を傾け出たり入ったりを繰り返しますのが最高。

丁度肘を広げられる位置に段差があり踏ん反り返ってのびのびと入浴でき出来楽しめますしリラックスできます。

銭湯としては古いがキレイでシンプルな作り、場内も明るく設備も質素ですが観光客にも利用しやすい施設だと思います。車で来る場合は町営の駐車場もすぐ近くにあります。

湯上りは入口のフカフカソファでゆっくり休みましょう。本当に日頃の体と心の疲れがとれますよ!


って、入れば判る底知れぬ実力を持つ菅野温泉なのですが、「奴は四天王の中でも最弱」な表現を使うとこれほどの実力を持つ施設でも下諏訪温泉の中では泉質的には「菅野温泉に入ったのか・・フフ四天王の中ではヤツの泉質は最弱」との表現になってしまうのです。

多くの観光客は「菅野温泉の湯温は約42~3度。下諏訪温泉の中でも奴は最ヌルの湯なので満足できん」とばかり近くの熱くお湯の力が最高に強い三湯の『児湯』、『旦過の湯』、『新湯』に行くのでこの菅野温泉はあまり混まないのです。


最初に書きましたが下諏訪初心者にも優しいのがこの『菅野温泉』。
これからまだまだ下諏訪温泉の温泉施設を紹介していこうと思っています(´・ω・`)






スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿