おそらく東京でNO1の温泉銭湯 清水湯その1


さて、都内で最強の温泉銭湯はどこ?と言われたらおそらく泉質、ローケーション、コストパフォーマンスでここが最強とも思われる所を紹介します。
東急目黒線・武蔵小山温泉・清水湯さんでしょう。

もうここはヤバイです。ガチでヤバイです。
目黒からたった二駅の都会のど真ん中にあり、露天風呂掛け流しの温泉を持ち、しかも種類の違う源泉が二つある銭湯です。サウナ、水風呂はもちろん女性専用の岩盤浴もあったりします。
2階は休憩所があって仮眠も出来ます。もう、いたせりつくせりで完璧とも言えるこの仕様、最強とも言える所以です。

武蔵小山 清水湯


「でも、お高いんでしょう?」イヤイヤ、なんと450円です。
都会のど真ん中、露天風呂掛け流し、源泉二つ持ち、無料の駐車場有り全部で450円の値段です。
あと髪を乾かすドライヤーも無料というのも何気にポイントが高いです。

なんというか自分も「電車に乗って世田谷から通っている」くらいお気に入りで、仕事が帰りに温泉に入り帰りは武蔵小山駅からバスに乗れば家まで210円まで家に帰れるモンだから最高です。


正直箱根の泉質の悪さ、管理の悪さ、値段の高さに辟易としていた私は都内で何かないかと探し回った結果見つけた銭湯です。
今から4年前、横浜で勤務していた私は帰りに二子玉川の新寿湯いう温泉銭湯に仕事帰りに通っていました。

冬場になるといつも喉を痛め、風邪を引いていた私はこの新寿湯に1週間に2回ほど通うようになって風邪を引かなくなったこと、新陳代謝がよくなったのか腰が悪かったのがほぼ完治したことなどから非常にお気に入りでした。
この銭湯に行ったあと近くの濃麻呂というとんこつラーメンを食べるのが何よりも楽しみでした。





この時温泉には自然治癒力を高める力と泉質そのものが持つエネルギー(これは個人が持つ感覚なのですが)を体に補充すると病気をしないと言うことに気づきました。
しかし2008年に週2回通っていた新寿湯が廃業となってしまい本当に困ってしまったんです。
東急東横沿線かその支線にある温泉銭湯を探すといくつかあり、その中で見つけたのがこの清水湯さん。

私が通い始めた頃はちょうど改装があり、2つめの源泉を掘り当てた頃でした。
武蔵小山駅を降りて出入り口地上でたあと左へ、ローソンが目印でそのまま道なりに歩くと道にぶつかるので左へ。
目印は大勝軒があるのでこの建物を目印に左へライフストアを目指して歩きスギ薬局の隣が清水湯です。
http://www.shimizuyu.com/

なんというか建物の雰囲気からしていいです。とても目黒にあるとは思えない。
天然温泉という大きなのぼりと駐車場があるのがいいですね。
定休日は月曜日で営業時間は12:00~24:00で、非常に綺麗です。

入り口で靴を入れ(あとで戻ってきますが100円かかります)自動販売機で入浴券(450円)を買って入ります。
ロッカーでもあとで帰ってきますが100円必要です。
さて、ここのハイライトの温泉内湯は黒湯、露天は黄金色というなんとも贅沢な源泉2つ持ちの温泉が見えてきます。
サウナ、水風呂(水風呂は黒湯)、露天風呂(黒湯と黄金湯の2つ)、あと寝っ転がる用のベンチも3つあります。

これがないからマイナスのようなポイントがないほぼ都内にある温泉としては全盛期のヒョードル並に完璧なんですよね。
で、温泉で重要な泉質なんですがこれまたサイコーといった施設なんです。
その2では泉質のことについて語りたいと思います。





===================================================================================
  一人旅歓迎の宿(じゃらん)   じゃらんなら国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
===================================================================================



スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿