最強!温泉銭湯のレベルではない  六甲おとめ塚温泉 その2



温泉銭湯シリーズ・関西編続きます。
ここで皆さんも関西圏の「阪神沿線にはどうして温泉銭湯が多いのか?」と疑問に思ったこと事はありませんか?
私は第一にどうしてこの沿線に集中しているのか疑問を持ちました。

関東京浜圏・蒲田から鶴見沿岸線のラインの黒湯の秘密は第1回に書きましたね。
特に羽田沖なんてあれ掘り進むとかなり強い確率で○油が出てくるはずです。

だからあんな重油みたいな色をしている黒湯なんですね。
じゃぁなんで掘らないのかの理由もすでに書きました(´・ω・`)


ここで紹介している阪神線エリアの温泉銭湯の大半は、阪神淡路大震災後に誕生したものなんです。
1995年1月17日早朝に起きたあの阪神・淡路大震災で地震により古い長屋や木造アパートの多くが倒壊し、多くの人命が失われました。

その結果震災の復興で倒壊した古い住宅の建て替えが一気に進み阪神では真新しい規格住宅が多くなっています。
その"強制建て替え"の影響をまともに受けたのが既存の銭湯も例外ではなく、新築住宅の大半は、内風呂を備えていましたから街は徐々に復興していっても旧来の銭湯に客は戻って来なかったのです。

多くの公衆浴場が廃業するなかで、一部の経営者は浴場の価値を高めて生き残りをはかることを決意。
これはそれぞれの銭湯に行くとそう言った経緯を説明してる所も多いのですが、その新たな付加価値が「温泉」だったわけです。

ですので掘って温泉が出た所の近くも掘れば高確率で温泉を引き当てることが出来るとなり、このエリアに温泉銭湯が集中して開業するようになった歴史があります。


otometuka1


一般に熱海のように海に近い場所に湧く温泉は食塩泉(泉質がしょっぱい)が多いのですが、阪神間の温泉銭湯の多くは重曹泉もしくはその系統の単純温泉。

元々六甲山を背後にした阪神間は「六甲の美味しい水」で知られる良質な水で有名であり、地中深くをボーリングすれば良質の温泉が得られる場所だったのが震災を契機に掘ってみたらあっちこっちで温泉が湧いて知られるようになったと言うことではないかと思います。


その良質な温泉銭湯があるエリアの中でも相当レベルが高いのが今回ご紹介させていただく六甲おとめ塚温泉です。
場所はJR六甲道駅 阪神石屋川駅から徒歩10分ほどにある例にも漏れず震災後に再建された住宅が立ち並ぶ一角にある温泉銭湯です。
2002年8月に天然温泉の元湯としてリニューアルオープンしています。


神戸11


前が駐車場になっていますが、昼のうちからひっきりなしに車でやってくる人がいますが神戸ナンバー以外もたくさん。
なんと朝6時から営業しており25時閉店と朝でも夜でもいつでも入れるイメージです。
もうなんか入場する前からわくわくしますね♪

ガラス張りの綺麗な店舗に入ると、右手にフロントがあり、左手奥には飲食スペース。
券売機で入浴券を購入し番台の奥様へ渡し脱衣所へ。
服を脱いで入場。いきなり急な階段がありちょっと吃驚。

排水が流れているその階段を登り切ると塩素臭漂うジェットバスが。
体を洗い内湯へ。



カランは銭湯の定番・ケロヨンの黄色い湯桶に関西でよく見る形のワンプッシュ式の蛇口とシャワー。
シャンプーや石鹸等の装備は無し。

私が行った日に男湯となっていたのは「神楽の湯」で女湯の「益荒男の湯」には岩風呂風の露天風呂があるとのこと。
偶数日には「益荒男の湯」が男湯となるようです。

泉質はこの辺はみんなそうなのですがほんのり硫黄の香り漂い、うっすら緑がかった透明なお湯です。
泡つきとつるつる感が顕著、40℃ほどのややぬるめの湯ですが、長居すると身体にじわぁと効きます。


神戸13


これはいい! 素晴らしいです。
十分に湯治が可能なレベルなお湯だと思います。

加温・加水なしの源泉かけ流しで、露天も内湯も源泉かけ流しという所がまずスゴイ。
温泉成分は炭酸系の源泉かけ流しで体中が気泡だらけになり湯量ももうあふれ出るほどたっぷり。

わずかに温泉らしい硫黄の匂いもあり、体中にまとわりつく泡といい、スベスベ系の柔らかい泉質もさることながら、湯の温度が熱過ぎずぬる過ぎず適温で長湯することが可能。


出ては入り出ては入りじっくり楽しむことができました。
本当に入浴中は幸せな時間でした

とにかく100%源泉掛け流しの素晴らしい湯で、これほどの湯が420円で街中で気軽に体験できる施設を他には知りません
私が味わった温泉銭湯の中でも間違いなくベスト3にはいるトップクラス。

湯の魅力が光りますので神戸に観光に来たついでに入っていくのもお勧めです。
この周辺の灘区は湯処ですので是非はしご湯でお楽しんでいただければと思います。


神戸12


温泉に浸かったあと三宮に出てポートライナーに乗って神戸空港へ見学に。
10年ほど前に開港前にウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟の撮影場所になった所です。





kobeair1

kobeair2

kobeair3


空港内に映画撮影した作品と場所の展示がありました。
コンパクトな空港ですが、飛行機の発着陸も見やすく非常に楽しめました。


kobeair4





kobeair5






次回も阪神温泉シリーズ続けます。





スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿