朝比奈ミクルの冒険 - 祝川商店街のモデルに近い  築地戎湯(兵庫県尼崎市)



前にハルヒの聖地の西宮北口の双葉温泉を取り上げましたが、今回は「朝比奈ミクルの冒険」の撮影現場にほど近く「長門有希ちゃんの消失」でも登場する尼崎にある築地戎湯さんを取り上げます。

4月になってから順次「長門有希ちゃんの消失」放映を機に西宮北口に「飛び出し坊」のハルヒ版の「飛び出しハルヒ」の設置、にしきたバルでフィギュア展示、喫茶ドリーム店内でKADOKAWAから取り寄せた「長門有希ちゃんのスタンドPOP」、出入口の右下に「朝比奈みくるのスタンドPOP」が飾られているなど盛り上がっているようです。


amagasaki001


そのハルヒシリーズは9年前に放映が始まったワケですが1期放映第1話が「朝比奈ミクルの冒険Episode00」でした。
その劇中に登場する兵庫県尼崎市の尼崎&三和商店街は、『涼宮ハルヒシリーズ』「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」で登場する祝川商店街のモデルです。






場所は阪神本線・出屋敷駅と阪神尼崎駅にある商店街でJTB尼崎支店内に尼崎観光案内所あった時にはハルヒシリーズを紹介するコーナーがあったようですが5月27日に元の場所からJR尼崎駅構内 改札口外に移転したようです。


戎尼崎4


「長門有希ちゃんの消失」でも尼崎中央商店街の入口から1期・2期の「ヤマツチモデルショップ」のモデル、ワンワン屋も登場。
実は私もこのあたりを聖地巡礼したかったのですが時間が無く、夜遅く到着したため今回は温泉だけの紹介になります。


「築地戎湯」は尼崎の海側に位置する築地地区は阪神大震災で大きな被害を受けたエリアで、ここも既存の住宅が壊滅状態になり徹底的な区画整理事業が実施されたことにより、整然とした明るい街並みとなっています。

関西在住の方ならば耳にしたことあると思うのですが「武庫川挟んで東側は人の住む所ではない」「尼崎はガラが悪い、治安が悪い」等々の話。
阪神電車沿いの海側は阪神大震災で大ききな被害を受けたエリアで区画整理後の再開発で町並みが一変しておりネガティブな先入観は一変されます。


戎湯は以前から当地で銭湯として営んできたんだそうですが、震災を機に温泉掘鑿に成功し、2002年にリニューアルオープンしたんだそうです。
失礼ながら尼崎という庶民の街の銭湯らしくない和風モダンな雰囲気の外観でかなりシャレオツな掛け流しの温泉です。


戎尼崎2


ここで何回も書いていますが、古い木造家屋が多数崩壊して街の風景が一変した関西阪神エリアは阪神大震災を契機に銭湯業者によってボーリングが行われ次々に良質な温泉が湧出し、その多くが湯量豊富で泉質も良好であったため、各銭湯では浴室に温泉槽を設け掛け流しで供用する施設も数多く登場するようになり一大温泉郷の様相を呈しています。



戎尼崎3


この戎湯でも下足場に設置されているショーケースには、温泉分析表の他ボーリングの件を説明しています。
カウンター式の番台があるホールはフローリングで明るく綺麗、軽食コーナーが併設されていますがとても綺麗で清潔。


戎尼崎6


脱衣所もスーパー銭湯ぽくて銭湯という感じがしません。街中の銭湯、これで400円は安いですね(^^)
脱衣場の広いガラス窓の向こうに、薄黄色の湯を満たした露天風呂がデーンと見えます。


戎尼崎11


戎尼崎7


さて期待で高まる心ワクワクしながら内湯の温泉槽に入ってみましょう。
長方形の手前に半円をくっつけたような形状をしている浴槽は大人数人が入れるサイズで、一般的な浴槽よりも深い造りになっています


戎尼崎9


源泉は円筒状の投入口よりドバドバとスゴイ勢い良く注がれており排水口へと流下していますが、湯口周りの底面タイルは温泉成分によって茶色く変色。
掛け流しで相当な湯量とわかります。

お湯は薄い黄色かかった色の半透明で、湯中では気泡が多く湯船に浸かると肌に纏わり付いてきます。

泉質名こそ単純温泉となっていますが、モール臭というか重油臭さほど強烈ではありませんが重曹泉的な滑らかさありなかなか表現の難しい実に面白いお湯です。

まるで家系ラーメンのスープの色のようなクア武庫川さんほど強烈ではありませんが、こんな良泉が銭湯料金で住宅地のド真ん中で掛け流されているというレベルの高さに改めて驚きを禁じ得ません。

 
戎尼崎8


しかも当然のごとく露天風呂も楽しめます。
サイズ的に5,6人も入ればいっぱいにはなりますが岩風呂の本格的な物が併設。

住宅地ですので、周りは竹垣調のエクステリアによって囲われていますが、日本庭園風な露天ゾーンには中庭的な場所ながら閉塞感はなく温めのお湯と相まってとてもゆっくり浸かっていられます。あー極楽、極楽。


戎尼崎10



まーとにかく、脱衣所もロビーもお風呂もピカピカに清掃されていてその「綺麗さ」に驚きました、
このように綺麗で料金も安くローケーションも便利でしかもお湯もよいとはこの阪神エリアのそのとてつもないレベルの高さに脱帽というしかありません。

地域的に注意深く行動する必要性はあると思いますが、このエリアに引っ越して今日はここ明日はあちらと取っ替え引っ替え毎日入りたい衝動にかられます。

温泉に入った後は難波に出て自由軒で名物カレーをいただきました。

独特のカレーでごちそうさまでした。


戎尼崎1









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿