あんこう祭り2015 毎年来ても飽きない秘密とは? その3(湯楽の里 日立店)



11月21日に公開になったガルパンの新作映画ですが、12月14日に累計興行収入が5億円を突破致し私も新宿バルト9で2回見ました。
そろそろ公開から3週間たつので、ご覧になった方も多いと思いますが多少のネタバレは勘弁。


ますアレだけ多い登場人物それぞれにちゃんと見せ場があって「お約束」も裏切らず非常に楽しい映画であの砲撃の音聞くだけでも映画館に行く価値がありますよ(^^)。個人的には上坂さん・ノンナの本気のロシア語が聞けて感激しました。





この劇場版一言で言えば「こまけぇことはいいんだよ。どっかんどっかんドンパチやったんで楽しんでくれよな」って映画です。

CV33みたいな豆戦車で参戦したアンチョビなどは単機でこんなので参戦して何が出来るのか?と思いましたが、ちゃんとCV33じゃないと駄目な理由も役目も説得力あり、うさぎさんチームの紗希ちゃんも2度も喋る、幼女みほまほがとてもカワイイなどいろんな意味でよくよく計算されていましたね。

本編序盤の大洗市街戦で気持ちのいいほどのぶっ壊しぶり、大洗のホテルを完全破壊!
リミッターを解除した水島努監督に「時間」と「お金」を与えるとこんなんが出来ました!という感じ。
流石は水島監督に監督をやって欲しいとの依頼で行列の出来る監督と言われるだけありますね。






そんな映画公開1週間前に行われたあんこう祭りですが、表のメインがマリンタワーで行われているイベントとすれば裏メインは商店街を封鎖して行われる痛車コンテスト。
海辺の田舎町の商店街を封鎖して痛車コンテストをおこうなうというのもおそらくここ大洗くらいのもので、初めて見た時は斬新でした。


あんこう016


その痛車のクォリティも高く、何と言っても茨城交通の痛バスも言えるいラッピングバスは何気にレベルが高い。
痛車コンテストとは言ってますが、何気にその頂点にあるのがこの痛バスで見れば見るほどよくできています。

あのお堅い茨城交通がどうしてこんなベストを尽くしたのが謎で、これが水戸市内を普通に走り回っていて町に溶け込んでいます。


あんこう015


大洗神社2


バスに落書きしてもらえるようスペースを作っていますが、みんな下書きなし1発書きなのに上手くてビックリ。流石日本は変態の国 (;^ω^)


あんこう014


痛車はその価値観を理解出来ない人から見るとただただ気持ち悪いのかもしれませんが、その中にも笑える物センス有る物色々あって楽しい。
皆さん楽しんでますね(^^)


あんこう019


あんこう027


あんこう029


あんこう022


あんこう023


あんこう024


あんこう018


商店街を歩いて行くと人だかりが出来ているところがありますが、ここが戦車が突っ込んだ旅館として有名になった肴屋さん。
さすが聖地中の聖地という扱いですね。


あんこう025


大洗神社3


肴屋さんの先にある軽食喫茶ブロンズにはアンチョビ高校のペパロニが。
劇中で出てきた鉄板ナポリタンを再現。品切れになる人気メニューで食べられなかった人もかなりいる?


あんこう039

あんこう033


更に歩いて行くとウスヤさんが見えてきます。
こう言っては何ですが本当に地方の寂れた商店街の端っこにある肉屋さんですが満員御礼。平日に来てもいつも誰かいる人気店。
200円なのでつい食べてしまう串カツの人気店。


あんこう038


更に歩いて商店街を抜けると大洗ホテルと大洗磯前神社の入り口が見えてきます。
大洗磯前神社の坂道を上がりますがキツイ。でも劇中で戦車が駆け抜けた道で聖地巡礼できます。


大洗神社1


頂上に上がると本殿に絵馬が飾っているところがあります。これがスゴイ。来るたびに凄いことになっています。
あんこうチーム5人の声優さんの絵馬もあります。


大洗神社4


あんこう030


あんこう031


外国人の絵馬もありますが、宗教的に問題ないのかな?
また関係者の方の絵馬もありますね。


あんこう035


あんこう032


あんこう034


大洗神社5


さて、映画ではこの鳥居階段を戦車で下っていましたがイヤイヤこれはありえねぇと思いながら下りましょう!
でもここを劇中でⅣ号戦車が駆け抜けたと思うと感慨深い。


大洗神社6


下ったら道を渡って海に行きましょう。
海岸の岩場にたたずむ神磯の鳥居が見えてきますが、絶好の撮影スポットで何人も三脚立てて撮影してます。

太平洋の荒波に打たれながら見るその姿は幻想的で時間を忘れて見ていると時間を忘れてしまいますが、有名なパワースポットなので必見。


あんこう037





大洗マリンタワーズから商店街を歩き大洗磯前神社まで歩くと約3キロ。
この3キロの中にかなり濃厚な体験が出来るのがあんこう祭りです。


大洗海岸鳥居



さて、今年で3回目のあんこう祭りですがまったく飽きが来ない。
これは凄いこと。






大洗でなく水戸自体も変化しつつあることも確認出来た。あの超保守的でつまんない水戸が・・・・
おそらく私は来年もあんこう祭りに行くでしょう!

ここ大洗はいわゆるアニメの聖地巡礼で近年もっとも成功した地域ですが、訪れた他地域の人がその集客皆一様にビックリするほどなぜここまで大成功したのでしょうか?

私は元水戸市民であり過去の大洗も知っているのでその変わりように驚いている1人ですが、去年も書いたのですがここ大洗が元々茨城の中でも数少ない魅力的な地域であり、ここ大洗の方達が人を迎えることに慣れていた、震災のあと苦しんだこともあり人が来ると言うことに感謝の念を持って接していたなど去年もレポートしましたがそれだけじゃありません。

この町は年々進化しているんです。

施設が新しくなるというハード面の進化ではなく、どうやって来場客を楽しませるかに加えて迎え入れる自分たちもいかに楽しむかという「ソフト」の部分。
ようは押しつけのサービスではなく“商売っ気のなさ”の自然体のサービス。

たとえるなら大洗は効率重視の体に悪いコンビニの弁当ではなく、温かみのある「弁当屋の弁当」の味です。


こんな事やってみたんだけど楽しんでもらえるかなぁ?と自前でレプリカの戦車を作って展示する。
劇中に出たメニューを再現してしまう、校章を飴細工ですぐに作ってしまう職人が普通にいる、商店街を封鎖して痛車コンテストを行ってしまう。
本当に地方の海辺の田舎町なのになんでこんなにスペック高い人が普通にいるの?というのが大洗町。


3年前から足しげく通う常連さんの中には、最終的に大洗で仕事を見つけて移住してしまった人もいるのは何故か?
その人にとってこの町が居心地がいいからでしょ。

去年も書いたことですが、大洗全体がパワースポットになっていてそれが落として上げるではないですが、ガルパンの波が来てさらに拡大しつつある説を私は唱えます。

元々神に守られていた地域に震災で大変なピンチになった時、神が想像もつかないやり方(ガルパン)で大洗を復興に持っていた。

さらに人々がそれぞれ覚醒しいい方向に導くパワーが充ち満ちることになり、それが訪れた人にも感ずるようになったそうとしか思えない感想を持っています。

ぜひ皆さんも大洗に訪れて感じて下さい。
町全体がパワースポットなんですから、来て損はありません。

美味しい物、観光する物いっぱいありますから日帰りでは無理。
2泊3日以上のスケジュールで味わっていただきたいと思います。


ガルパン目的で大洗に来ても温泉に入れます。こっからが私の専門分野。
これまでいくつか周辺の温泉を紹介しましたが、今回はちょっと離れて日立よりにはなりますが真打ち登場の施設、海を見ながらお風呂に入れる「湯良の里 日立店」を次回は紹介しいたします。











スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿