あんこう祭り2015 太平洋と一体化の展望露天風呂 その4(湯楽の里 日立店)



さて、ガルパン目的で大洗に旅行に来て「ひとっ風呂浴びたい」という方のためにこれまで大洗周辺の温泉施設を紹介してきました。

今回紹介するのは大洗からちょっと離れていて水戸から日立よりの常陸多賀駅にある湯楽の里日立店さんですが、まず最初にお断りしておきたいのですが温泉ではありません!

駄菓子菓子、温泉ではありませんがその気持ちよさを紹介したく取り上げたいと思います。
水戸からは常磐線で25分、車なら245号を上がっていって30分弱の場所にありお店の看板が見えてきたら右へ。


湯楽の里3


環境省の「快水浴場百選」にも選定されている、河原子(かわらご)海水浴場が目の前にある今回の温浴施設は何と言っても海と一体化した感覚が味わえるところにあります。
常陸多賀から歩くと約15分海よりに歩きますが、夏でも冬でも海に向かって歩く磯の香りが漂ってきて胸がワクワクしてきますね。

午前中の11時頃に到着したのですが、駐車場はすでに満杯に人気施設。平日料金690円を払い早速中へ。
よく掃除されている綺麗な施設で、期待が高まります。


湯楽の里4


カランの数はこの駐車場のパイからすると明らかに不足。休日は大混雑でしょう。
お風呂は白湯、シルク風呂、リラクゼーションバス、ジェットバス等一通り揃っています。

正直どこにでもあるようなスーパー銭湯の施設ですが、ここのハイライトは何と言っても露天風呂。
海沿いに建てられているので、砂浜を見下ろす展望露天風呂が名物で、露天風呂へ一歩外に出た時その光景のすばらしさ!


湯楽の里7


湯楽の里5


眼前に広がる雄大な太平洋、手を伸ばしたら届きそうなところにあるのが海!
これまでご紹介してきた大洗にある「潮騒の湯」、阿字ヶ浦にある「のぞみ」、涸沼の「いこいの村」もみんな海なり湖が目の前に見える温泉施設でしたが、この湯楽の里日立店のそれはまさにお風呂の水面と、太平洋の海面がひとつながりになって、まるで海の中に浮かんでいるような感覚が味わえます。


湯楽の里8


空と海を眺めながら、ゆったりのんびり。出たり入ったりしながらぼーと過ごすのは最高の贅沢。

かなり砂浜に近いので、波の音を聞きながらのんびりお湯に浸かる事ができます。
いつまでも入っていたいと感じるはず。


湯楽の里6


施設の方の話だと日中の露天風呂も最高ですが、夜はさらに絶景が拝めるとのこと。

煌々と輝く月と、揺らめきながら月光を反射する水面を見ていると、しびれるほど魅了されるそう。
満月の夜がもっとも美しいけれど、欠けた月の夜もまた独特の趣きがあってよいとのことで、施設の掲示板に「今週のお月さま」という月のカレンダーが掲示されています。


湯楽の里1


お風呂に入ったとお腹が空けば食堂横のテラスなどからも海を見ながら食事が出来ます。
多くのスーパー銭湯といっしょで入館時のリストバンドで一括管理してる料金システム。
生姜焼き定食をいただきましたが、海を見ながらの食事は最高でした。


湯楽の里2


と言うわけで「ガルパンはいいぞ」そして「大洗もいいぞ」そして温泉目的出来ても大洗は楽しめるぞということで紹介してきました。
海を見ながら入るお風呂は本当に格別ですね(^^)

大洗への旅行は日帰りではもったい! 2泊3日がお勧め。
県魅力度ランキング最下位(!)と言われる茨城県ですが、とても充実した旅行が楽しめますよ(^^)/










スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメントの投稿

Secret

オススメです(´・ω・`)

プロフィール

まつかぜ80

Author:まつかぜ80
関東が中心となりますが、私の独断と偏見でオススメの温泉銭湯や温泉をマッタリと紹介していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポサードリンク
旅行に行く前に
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めの宿